You are here: Home > >

目の下のクマとスマートフォン利用の関係性。

友達がスマートフォンを使用し始めた流れに乗って、私も気に入っていた携帯電話を機種変更することに。絶大な必要性を感じていた訳ではありませんが、いざ使用しはじめると、アプリのダウンロード、動画視聴、友達とのゲーム対戦など大忙しでした。気が付くと1日中スマートフォンを手にしていました。その調子で1か月程スマートフォンを利用していると、目の疲れを感じ始めました。気分転換にフェイスマッサージをしてみると、瞼の上の骨に違和感がありました。少し触れただけにも関わらず、感じたことのない痛みがなかなか取れません。鏡で自分の顔を見てみると、目の下のクマも異常な青みを帯びていました。眼精疲労や睡眠不足の時は、化粧でクマを隠すことも度々ありましたが、初めて見る酷い顔に恐怖感を抱きました。
目の下のクマ
そして、まずは骨の痛みについて調べてみる事にしました。目の病気なども疑いましたが、「ゲームのしすぎ」「画面の見過ぎ」という心当たりのある言葉が浮かんできました。眼精疲労が慢性化し、血流が悪くなることによって、瞼の骨の痛みや目の下の激しいクマが生じるとのことでした。私は確信し、入浴時にタオルで目を温め、目薬も頻繁に使用し、暫くスマートフォンの利用を禁止することにしました。すると、すぐにという訳にはいきませんでしたが、骨の痛みは5日程、目の下のクマは1週間程で改善しました。便利な機能が多数あるスマートフォンは子供から大人まで依存しやすいものですが、距離感を持って接することの大切さを学びました。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans