You are here: Home > >

雑貨販売のアルバイト しなくて正解だったかもしれない

現在40歳、今から20年位前だっただろうか、わたしは一度だけ雑貨販売のアルバイトをしようと思ったことがある。基本、人と接するのが苦手で、服屋さんなどで店員さんが近寄ってきたら逃げるタイプの人間が、雑貨販売のアルバイトをしようとしたのだ。家の近くに、ちょっとした観光名所があり、そこのショッピングモールの中に可愛いお店があったのだ。なんとなく、かわいい雑貨に囲まれて仕事したい衝動に駆られて求人に応募した。

この「なんとなく」というのがダメなのだ。行動力はあるわたし。でも後から後悔することがあるので本当は行動する前に一旦吟味しなくてはならない。今なら、自分のこういう性格は分析できるが、直感で動くわたしは、若い頃は即行動していた。運よく、即採用となった。外面はいいので、面接では好感度は相当よかったのだろう。面接官の人もわたしを気に入ってくれたのが手に取るようにわかった。入社日も決まり、いよいよというところまできた。

しかし、だんだん怖くなってきたのだ。人と接する仕事だ。本当に自分にできるのかと不安が押し寄せてきたのだ。だったら、なぜ雑貨販売のアルバイトに応募したのだ。直前になって、自問自答。そして、結局は電話して、お断りした。本当に迷惑な人間だ。サービス業は嫌いではない。水商売のバイトをしていたことがあるが、天職だとも思った。しかし、普通の販売はちょっと向いてないのだ。自分が客の立場になって、苦手な人間になれるわけなどないのだ。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans